中国語翻訳

翻訳家を目指す方法

眼鏡の女性

翻訳家になるために取得しなければならない資格はありません。だから翻訳する能力さえ持っていれば、いつでも誰でも翻訳家になれるのです。しかし関係の深い資格としては、日本翻訳協会が行っているJTA公認翻訳専門職資格試験というものがあり、翻訳家を目指している人の中にはこの試験を受ける人も少なくありません。
また当然のことながら英語が理解できないと仕事にならないため、英検やTOEIC、TOEFL等を受ける人はたくさんいます。しかしそれらが不可欠かというとそうでもなく、重要視されるのは原文の雰囲気を壊さず日本語に置き換えることです。こうした技能を身に付けるために、高校卒業後大半の人は外国文学部或いは外国語学部のある大学や翻訳家育成コースのある専門学校に通います。どの大学または専門学校に進むかは自由です。事前に受講可能なカリキュラムを調べ、自分が興味のある分野を学べるところを選びましょう。
もしまだ翻訳していきたい方向性が定まっていないのなら、大学がお勧めです。最初から広い視野で勉強していきたい人に合っていると言えます。逆に化学や研究を取り扱った翻訳に進みたいのなら、無理に文系にとらわれる必要はありません。理系の専門的な知識を早い段階で学習し将来翻訳に生かしていくのも一つの有効な手段です。

イチオシ

翻訳家の基礎知識

翻訳家の仕事は外国語を日本語に翻訳する仕事なので語学力が必要となってきます。そのため翻訳家になるためには語学を身につける必要が出てくるので翻訳家の資格というのは特にないのですが大学の英文科や外国語専門の大学などに通って勉強をする必要があります。また大学の他に翻訳専門学校やスクールなどもあるのでそちらで語学を勉強するという方法もあります。翻訳家になって仕事をする時はまず翻訳会社に登録するという形になります…

パソコン

Copyright © 2016 中国語や翻訳をやる言語のみが出来れば訳せるわけではない All Rights Reserved.